「眼鏡をかけてる方で目疲れや頭痛が多い時の改善方法」

皆さんこんにちわ!

 

今回は眼鏡をかけてる方で目疲れや頭痛などの症状を改善したい方に、オススメの記事を書いていきます。

 

よろしくお願いします(; ・`д・´)

 

・眼鏡をかけてると頭頂部と目に繋がる血管を圧迫する!

 

パソコンやスマホの小さい文字を長時間見ていると目が疲れてしまったり、頭がぼーっとしてくると思います。

 

ただ裸眼の方より、眼鏡をかけてる方のほうがより上記の症状が出やすいんです。

 

 

僕も眼鏡をかけてますが、普段はハサミで仕事をしているので、ブログの記事を1つ書くだけでもパソコン慣れしていないので目が疲れてしまいます(笑)

 

 

眼鏡をかけている場合、目疲れや頭痛を引き起こす意外な理由があるんです。

 

それは「眼鏡のつるの部分で頭と目に繋がる血管を圧迫してしまっている」ことです。

 

首の頸動脈から頭の上ほうにかけて流れる血管で、「浅側頭動脈」という血管があります。(画像が転用できなかったので文字だけで申し訳ありません)

 

この血管は頭に繋がる血管の中でもっとも太く、ちょうど目と耳の間を通っているのですが、眼鏡をかけてる方は眼鏡のつるの部分が当たってしまう場所なんです。

 

 

そうするとつるの部分で、この頭や目に繋がる一番大事な血管を圧迫してしまい、血流が悪くなってしまうことによって頭がぼーっとしたり、頭痛や目疲れが起きやすくなってしまうんですね( ;∀;)

 

そんな時にオススメなのがヘッドスパで、こめかみから耳の上にかけてマッサージすると滞った血の流れがよくなって、目疲れや頭痛を改善することができます!

 

当店のヘッドスパ動画だとこんな感じです。

 

こうすると血の流れがよくなって、スッキリするんです!

 

ブルーライトをカットする眼鏡をかけてる方で疲れてしまう方は、ここの血流が原因の場合があるのでご自分でも頭皮をマッサージでほぐすと多少楽になると思います!

 

 

当店で一番人気の「目疲れ・首疲れ解消ヘッドスパ」が、この記事を読んでくださった方にはオススメなので、よかったらこちらもご覧になってください!

「デスクワークで目や首が疲れてる方にオススメのヘッドスパメニュー」

 

最後まで見ていただきありがとうございました!この記事が役に立ったなという方はシェアしていただけるとうれしいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です